平成30年度生徒の活動

性教育講演会

 7月5日(木)、3年生・保護者を対象に性教育講演会を開催しました。講師に「ウィメンズクリ

ニック・かみむら」の院長をされている上村茂仁先生をお招きし、思春期の心と体の変化や望ましい

男女交際について、図や絵を用いて分かりやすくお話していただきました。これから先経験する様々

な場面で、正しい判断ができるよう、性教育を通して子どもの『自分を守る力』も育てられたらと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

地域ボランティア

 

 7月4日(木)、地域とつながる活動の一環として、佐伯中学校周辺のにこにこ園や老人ホーム、

道路沿いの歩道などの清掃活動に取り組みました。社会貢献活動に主体的に取り組む人間に成長して

いく基盤をつくり、新しい「公共」を担う「良き町民」の育成につなげていきたいと思います。

 

 

保育実習

  6月26日(火)、3年生が保育実習で佐伯にこにこ園を訪問しました。乳幼児の様子や先生

方の言動を観察し、年齢や発達に適した接し方を工夫して、楽しく活動することができました。

直接、接することにより、次世代の親としての子育て体験の第一歩となりました。

読み聞かせボランティア

 

 今年度6月7日(木)、朝読書の時間を利用して、「Yommy(よみい)」さんによる本の読み聞かせがありました。

初回とあって、お互い少し緊張とワクワク感の中で和やかなひと時を過ごしました。

 

 

 

 

「Plus Ultra さえき 200%

 6月2日(土)、子どもたちの心を映すかのような青空のもと、第59回体育大会が開催されました。全校生徒・教職員・地域の方々等、佐伯中学校を愛する全ての人が一丸となって当日を迎えました。

 この体育会の目標であった「観客動員数200人」を優に超え、250人以上の観客動員数となりました。3年生を中心に創り上げた赤組・青組の見事な応援合戦は観る人の心に強く響く感動を与え、終了後のフォークダンスは、地域の方も多数参加されました。

「地域とつながる」ことを意識して開催された体育会。生徒一人一人が最高のパフォーマンスを発揮したすばらしい一日となりました。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

      

  

     

地域ボランティア

入学式

~パワーを秘めた24名の新入生~

 平成30年4月12日(木)、学び館「サエスタ」において、第60回入学式が挙行されました。

 新入生点呼では、24名の元気な声が会場に響き、保護者の皆さま・地域の方々に温かく見守られ、厳粛な中にも素晴らしい入学式となりました。

  校長は「大切にしてほしいこと」として、4つの愛(自己愛・友愛・家族愛・地域愛)を通して、新入生に真心のエールを送りました。

 

 

退任式

 4月10日(火)、退任式が行われ4名の先生方を送りました。

お世話になった先生方に感謝の気持ちを伝え、別れを惜しむ式となりました。

 玄関ホールのエントランスに向けて、2階3階からコブクロの「桜」を合唱し、

こみ上げる熱い思いを歌に乗せて見送りました。

 

 

始業式

~ 新年度 スタート ~

 4月9日(月)、新年度が始まりました。2.3年の生徒38名全員が元気な様子で登校してきました。

「担任の先生は誰かな」「新しい先生はどんな人かな」そんな会話をしながら、教室へ入って行きました。

 新任式では、新たに佐伯中のチームの一員として4名の先生方を迎えました。どの先生も佐伯中学校をさらに良い学校にしていこうと意欲をむきだしにされています。

校長先生のお話で生徒に「大切にしてほしいこと4つ」話されました。

それは「自己愛・友愛・家族愛・地域愛」です。

これには、自分・友達・家族・地域の方など、生徒一人ひとりに関わるすべての「ひと・もの・こと」に対して、愛情をもって接してほしいという願いが込められています。

始まった新学期、全力で突っ走ろう!